枠にはまらずになんでもいいかなって。(愛車:スパシオくんと)
by jh7hhn
フォロー中のブログ
手賀沼便り
自給自足生活
NFL大好き薬剤師さん。
杏ダイアリー
空の青と本当の気持ち
もふさんのんびり過ごす。
【徒然なるままに・・・】
なかちゃんわーるど
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
カテゴリ:飛行機( 28 )

規定 ~羽田空港 4~
 昔、フィギャースケートに規定っていう種目があって、線の上を以下にそれずにすべることができるかっていうのがありました。これを見ていて、それを思い出しました。上手なんですよ。
a0032579_22214912.jpg

a0032579_2222152.jpg



 このライン、昼はどう見えるかと言うと。。。
a0032579_22233696.jpg



夜見ると。。。
a0032579_2225121.jpg



ね、面白いでしょう。

次回は、これを助けている、「マーシャラー」という方をご紹介しますね。


さて、滑走路上にいるのは、何も飛行機だけではないんですよ。普通の車も走っていたりするんですが、広いからでたらめに走っているわけではないのですね。
なんかおもちゃみたいなんですけれど、ちゃんと道路が描いてあってね、その線に沿って走ったり、止まったりしているんですよ。すごいですよね、その忍耐力。私だったら、広い野原に出て行った子供みたいに、駆けずり回ってしまうかも。
a0032579_22283541.jpg

[PR]

by jh7hhn | 2008-03-13 22:29 | 飛行機
ホテルの部屋をご紹介 ~羽田空港 3~
 ホテルに泊まったからには、部屋ぐらい紹介しないとね。

まずは、ホテルが「H」を横にした形になっていて、一辺がANAの駐機場に面しているわけです。ここは、Hの横棒にあたる部分です。長い廊下です。
a0032579_23284012.jpg



 
a0032579_23294672.jpg
いきなりベッドかい。。。左側が窓側です。私はどっちに寝たでしょう。
a0032579_23302268.jpg
いきなりレストルームかい。。。右側には、決して沈むことができないほどの湯船がありました。

a0032579_23323219.jpg
お待たせしました。部屋から外はこんな風に見えます。ちなみに窓は二重窓。開きまへん。あきまへん。

a0032579_23333264.jpg
お食事はこちらで。
家内は夜ここで飲みたかったって言ってました。飲める人はいいよなぁ。。。今度ね、ということにしました。


a0032579_23355445.jpg

コンコルドのミニチュアもあったけど、こっちの方がレトロでよい。



やっぱ、これが見たいよね。部屋からこんなに近くに見えるんだよ。いいでしょう。
a0032579_23365835.jpg

[PR]

by jh7hhn | 2008-03-10 23:45 | 飛行機
お見送り ~羽田空港 2~
 飛行機に乗ったことがあって、これに気がついて、しかも手まで振り返している人は、私だけかなぁ。

 自分達が準備したり世話を焼いた飛行機が出発するときに、こうやってお見送りをするんですよ。見たことありますか?

私は、随分前から知っていて、窓際の席のときで見かけたら、こっそり、手を振っています。
a0032579_8172696.jpg



 有事の際には、「あー、あの飛行機は私達が送り出したやつだぁ。見送ればよかった」なんて反省されても困りますが。

これは、JAL。
a0032579_823544.jpg



では、パラパラで。

きちんと整列して。手を振る。
a0032579_84069.jpg

a0032579_8403222.jpg

a0032579_8405365.jpg

a0032579_8411746.jpg

a0032579_8414291.jpg

そして最後にお辞儀をする。
a0032579_842533.jpg
こうやって、頭の先から尻尾まで見送るわけですが、まぁ、中には、尻尾の「し」の字あたりでいなくなる方もいらっしゃいました。まぁ、性格でしょうな、その方々の。

 さて、こんな律儀(?)な方々の前を、高いところからなんですが、素通りできますか。

手を振りかえしたくなるでしょう。

 「ありがとう。気をつけて行ってきます。(でも本当に気をつけるのは私らではないのよ。パイロットさん、よろしくね)」ってな感じですかな。
[PR]

by jh7hhn | 2008-03-09 08:47 | 飛行機
働くおじさん ~羽田空港 1 ~
 今回の「羽田空港に泊りがけで飛行機を見に行く」企画は、家内からの提案でした。

 一応、無線機や、カメラ、音も録りたかったのでICレコーダーなどを持って、会社の帰りに、いざ羽田へ。ホテルは、羽田空港の第2ターミナル内にある「羽田エクセルホテル東急」で、4Fに宿泊しました。飛行機が見える部屋、ということで、ご覧の通り、目の前にドカンって飛行機が止まっていたりします。
a0032579_21441662.jpg


 当然のことながら夜からなので、夜の飛行場を見たわけですが、飛行機の周囲にいろんな機材や車、人がいて、しかも深夜まで働いており、頭の中には「働くおじさん」というタイトルが浮かび、その後ずーっとそれが離れないのでした。もちろん、男性だけではありませんよ。女性も遅くまで仕事されていました。格好よかったです。

a0032579_21395579.jpg

 ★左上のお客様の荷物を降ろす人。
 ★右上は牽引車と飛行機の前輪のつなぎを外している人たち(左の青いのは女性です)。
 ★左中段の牽引車に乗り込む女性。
 ★真ん中、ジャンボジェット機のエンジンを開けて整備している人。
 ★右下の(恐らく)電源ケーブルを機体に差し込んでいる人。
 ★真ん中下のジャンボジェットの操縦席の窓付近を調べるためにクレーンのようなものに乗っている人。
 ★左下のこの人達も働いている人ですよ、当然、パイロット。

 いろんな人に昼夜支えられて、飛行機は運航されているんだなぁって、改めて思いました。もちろん、ここに見える人たちだけではなく、中にいる人、見えていない人達もたくさんいるわけですけどね。感心しました。
[PR]

by jh7hhn | 2008-03-05 21:40 | 飛行機
第二ターミナル ~羽田空港 0~
a0032579_23415466.jpg

a0032579_23415426.jpg

今夜はデート 羽田空港に来ています。美味しいもの食べて、飛行機いっぱい見て、夜の空港も味わって、○△してリフレッシュする予定です。
部屋の真ん前にジャンボが止まっています。圧巻です。
[PR]

by jh7hhn | 2008-03-04 23:41 | 飛行機
。。。気分転換は。。。
 会社のビルの休憩室の窓際に座って外を見ていると、羽田空港を利用する飛行機が見える。

 冬以外は、着陸する飛行機が、冬は北風になるので離陸していく飛行機を見ることができる。着陸する飛行機は、東京湾のはるかかなたから、車輪を出してライトを点けながら飛んでくるんだけれど、その日の空気の状態で、何機もの飛行機が連なってくるのが見えることがある。

一番遠いのは、本当に小さくって、鳥とかと間違えそうになるぐらい小さい。でも、確実に大きくなっていって、最後には巨大な機体をさらけ出して着陸していく。

そういうのを、ぼやーってしながら見ているのが、なんとなく楽しい。

 昨日も、そうやって見ていたら、飛行機が見えない。見えても角度が違うなぁ、って思っていたら、あんまり使わない、B滑走路を使っているらしい。

こういう日に、城南島に行けたら、離着陸する飛行機を間近に見ることができるのになぁ。
[PR]

by jh7hhn | 2008-02-28 00:26 | 飛行機
上空でのすれ違い
 1泊の福岡出張に行ってきました。

 行きは昼間なので窓際に席を、帰りは夜なので窓際はパスして。いずれもB747-400でした。

 上空での楽しみは、なんと言っても空を眺めることに尽きるわけですが、今回は、7年ぶりの飛行機とあって、ちょっと大人気なかったかなぁとも思いつつも、張り切って写真撮りまくってしまいました。

 水平飛行になる直前に、朝日の影に飛行機がすっぽり入って雲に写る、ブロッケン現象がわずかの間見ることができました。撮れませんでしたけど。飛行機が、虹の輪の中に入ったんですよ。

 
a0032579_22582559.jpg
その後は、この写真。わかります? ほぼ同じ高度に、やはりANAの飛行機が見えます。
この飛行機は、追い抜かれた後、徐々に高度を上げて、航路をクロスする形で、右から左へと交差していきました。

 私は、上空でこういうのを探すのが大好きなんです。なんか寂しい同士が出会ったみたいでね。

 

 あとは、途中の下界がきれいだったので、こんな写真も撮りました。多分南アルプス。
a0032579_2304972.jpg


[PR]

by jh7hhn | 2008-01-18 23:05 | 飛行機
「中華機オーバーラン虫が原因」落ちなくて良かったぁ
 この記事ですが、原因はピトー管に虫が詰まって。。。と書いてあり、事故としてはとっても些細なものに見えますが、過去に、清掃のために一時的にピトー管をふさいではがし忘れたためだけで離陸してしまって、墜落した飛行機は数多い。

よく、中華航空機は生還できたものだ。天晴れ。

ピトー管は、エアスピードや気圧を測定する機器(センサー)で、飛行機の高度は気圧換算なので、ここがふさがれてしまうと、スピードや高度がわからなくなってしまい、特に夜間飛行や悪天候の計器飛行中には、なにがなんだかわからなくなってしまいます。

今は亡き内田幹樹作の「操縦不能」という小説で詳しく書かれている。

でも、本当に良かった大事故にならなくって。
[PR]

by jh7hhn | 2007-10-10 10:17 | 飛行機
飛行機の軌跡が見れる
 友人のKENTさんから紹介されたこのソフト。
a0032579_143465.jpg


 飛行機から送られる位置や出発地、行き先などの情報をエアバンド受信機で受信し、画面の地図上にプロットしてくれるソフトだ。
飛行機の位置が刻々と変わっていくのがおもしろい。
アンテナは、前に作って放ってある無調整の144MHz帯用のヘンテナを使用した。
このアンテナが上空1万メートルからの電波をどこまで拾えることができるかのチェックにもなり、面白い。
[PR]

by jh7hhn | 2007-06-24 14:37 | 飛行機
おーい、こっち     ちゃんとぉ  ついて来いよぉー
 ある日、空の爆音で見上げると、ヘリの2個小隊? が教官機を伴って飛んでいた。総勢11機。こちらは車で信号待ち停車中だったので、後席の家内に「撮ってぇ」って頼んで、携帯のカメラで撮ってもらったのがこの写真。
a0032579_21554949.jpg


 一番上に移っているのが最初の小隊の最後尾機。
(携帯のカメラってすごいよねぇ。こんなによく撮れるんだよ)
2つめの小隊の先頭の豆粒みたいなのが教官機だと思われる。

 で、各機のプロペラの位置がバラバラでしょう? なんか、てんでんばらばらに飛んでいるように見えるよね。

ということで、このタイトルが頭に浮かんだ次第です。
[PR]

by jh7hhn | 2007-01-12 22:00 | 飛行機