枠にはまらずになんでもいいかなって。(愛車:スパシオくんと)
by jh7hhn
フォロー中のブログ
手賀沼便り
自給自足生活
NFL大好き薬剤師さん。
杏ダイアリー
空の青と本当の気持ち
もふさんのんびり過ごす。
【徒然なるままに・・・】
なかちゃんわーるど
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カセットテープ ⇒ MP3
 暮れも押し迫って、昔買ったけど、うまく使いこなせなかったツールをやっと使うことができて、大晦日のこの時に、紅白も見ずに、せっせと変換しています。
20年以上も前にカセットテープに録音した今ではとても貴重な音楽(もちろん、CDでも手に入りません)やラジオドラマなど、古い、カセット収納ボックスから引き出して変換を始めた。

そんな、のんびりした大晦日なんて、何年ぶりかしらん。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-31 21:19 | 音楽
タ・ターン・・・タ・ターン・・・タ・ターン・・
 PCを立ち上げていたときのこと。。。

家内:そのPCのHDD壊れたんじゃぁない?
なか:HDDの回転周期って、こんなに遅くないから違うよ~。
          :
          :
家内:じゃぁ、FANかなぁ。
なか:んーん、そうかもね。この間、掃除したからねぇ。変なほこり吸ったかなぁ。
          :
          :
 その後、そんな音がしたことも忘れて、布団に入った。
          :
          :
家内:あれっ、PC電源切っていないの?
なか:いやぁ、もう切っているよぉ。
          :
家内:またあの音がしている。。。電源切ったのに。
なか:本当だ。
          :
なか:あー、あれは、雨音だなぁ。
家内:えー、どこでそんな音してんのぉ?
なか:外だよぉ。隣の家の雨だれが、トタン板をたたいている音。
家内:えー、うそー。
          :
 ってことで、夜寒いのに、窓を開けて状況確認。
          :
 確かに雨だれの音でした。


 こんなラブラブ状態で、今年も暮れ行きます。とりあえず年賀状は買ったけど。
まだまだ絵も文章も決まってません。

 今年は、暮れになって、田舎の幼馴染の訃報を聞きました。
何がどこでどうなっているのかは、わかりませんが。良い年をお迎え下さい。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-31 19:34 | 日記
集団自決
 それはちょうど、レジスタンスの活動のような。。。

 普段は平静を装って敵の部隊と合同作戦を行っているんだけれど、日に何度か、地下にもぐっていくときがある。文字通り地下なんだけど、真っ暗なその部屋は、相当な広さを持っていることを肌で感じることができる場所だ。
気配で、その中にたくさんの人が蠢いているのがわかる。と、自分もその一角に横になり、体を休めている。横になりながら、気分は絶望に満ち溢れていて、周囲からもその雰囲気が伝わってくる。

 もうだめだ。死ぬしかないのか。

 どうやって死ぬつもりなんだろうか。自分の中でもかなりの諦めがあるのと、周囲が一緒だからなんていうことを考えている。空気がなくなって窒息するのか、火が放たれるのか、銃かな、手榴弾かな。

 そのうちに、なんかみんなと一緒に逝くのはいやだ、敵に捕まっても生きながらえる方がいい、とか、往生際の悪い気持ちがふつふつと湧き上がってくる。

 そんな、暗い暗い寒い夢を見た。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-26 00:12 | 夢の話
杖がほしい
 あの日ほど、そう思った日はなかった。

 目覚ましの間隔がやけに短いと思うぐらいの朝方熟睡状態でしたが、仕事がいっぱいだったので、あわてて起きていつものように電車に乗った。新宿駅で下車、人の波に押されながら階段を登ろうとした瞬間、それは起こった。

 あれっ? 左足が上がらない。

 でも、後ろから波のように人々が登ってくるのに逆らうこともできずに、手すりを使いながら一気に上へ登った。

 上の通路でも歩けないぃ。左足のひざの後ろの感覚がなくって、足が上がらない。少し休むうちに収まったような気がした。頭を、一瞬「休めるかなぁっ」てよぎったが、「今日はダメだ」と思い直し、埼京線のホームへ降りていった。

 下りは大丈夫みたい。

 うん、これならエスカレータを使えばなんとかなるかも。

 大崎駅について下車、エスカレータを使って改札階へ。
一番上まで来たとき、最後の一歩で、やはりダメ。

 動けなくなってしまった。

 んーん。どうしよう。杖が欲しい。こういうときにこそ欲しい、杖がぁ~、ほ~し~い~。

 足を引きずりながら改札を抜け、いつものようにおにぎりまで買った。会社のビルまでは、エスカレータを降りて、また上がるのだが、やはり最後に上がったところで、またもや動けなくなった。

 会社のビルは目の前にそびえているのに。。。

 そうこうしているうちに、だんだん気持ちが悪くなってきた。
9時直前だったので、人の流れはいつになく早い。その横で止まって手すりにもたれかかっているんだから、非常に目立つ。でも動けない。

 どうしようかなぁ。

 ゆっくりゆっくりと壁伝いに移動してビルの陰に入ったところで、こらえきれずに吐いてしまった。

 やっぱ、ダメみたい。会社に電話して、「ここまで来たんすけど、ダメみたいなので帰ります」

 ビルの陰でしばらく休んだ後、足を引きずりながら細かく移動し、駅までたどり着いた。


 途中、知り合いの診療所によって診察してもらった。

 「風邪かな?」「体温は?」「いいえ計っていません」「じゃぁ、計りましょう」ってんで体温計を差し込んで計ったところ。。。

 35度ないじゃん。体温。

 納得しました。この一連の症状。
こんなにも運動しながら出勤したのに、35度を割っているんですよ。

 「点滴していきますか?」「お願いします」

 30分コースのところを1時間以上もかけて点滴。でも、終わっても、まともに立てなかった。さらに横になって、結局、ちゃんと歩けるようになったのは午後の2時前。
普段なら歩く距離をタクシー呼んでもらって、最寄り駅まで行き、ご飯を食べて、モノレールで帰宅した。

 もう、杖は必需品だぁ、ということで、長さが調整できる折り畳み式の杖を購入しました。

 今日から杖と傘と無線機は、私の必需品になりました。    めでたしめでたし。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-24 13:09 | 病気
今年読んだ本たち
 今年も多くの作家と出会えた。()内は年内に繰り返し読んだ回数。

○コナン・ドイル
 失われた世界

○H・G・ウエルズ
 宇宙戦争

○ジュール・ヴェルヌ
 海底二万海里
 地底旅行
 八十日間世界一周

○市川拓司
 そのときは彼によろしく (5)
 VOICE
 Separation
 弘海

○さだまさし
 眉山 (5)
 解夏
 精霊流し

○内田幹雄
 パイロット・イン・コマンド (3)
 操縦不能 (3)
 機体消失

○三田誠広
 永遠の放課後 (5)

○渡辺祐一
 救命センターからの手紙 (3)

○拓殖久慶
 首都直下地震 (3)

○高嶋哲夫
 M8 エムエイト

○石黒耀
 死都日本 (3)

○高野和明
 幽霊人名救助隊

○谷甲州
 遥かなり山の神々 (2)

○デズモンド・バグリィ
 高い砦

○田部井淳子
 高いところがすき

○スラヴォミール・ラウイッツ
 脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち

追伸:(5)は5回以上読んでいますが、正確に何回読んだかはわかりません。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-23 11:35 | 本&映画紹介
映画六枚(三昧)
 ビデオ屋さんに行ったら、3本で3千円、っていうセールスを行っていた。
普段から、定価で購入するのは、希少価値のビデオって決めているから、こういうのはありがたい。でも、全部っていうわけではなくって、なかなか3本も探せなかった。

 で、買ったのがこれ。。。

①トップ・ガン
②デイ・アフター・トゥモロー
③バック・トゥ・ザ・フューチャー

①トップガンは、特にどうこうないんだけれど、LD時代も持っていたし、飛行機ものの一般的なものとして買っておきたかった。

②デイ・アフター・トゥモローは、ちょっと前に、会社の同僚から1年以上も借りていたので、今になってお金を出してまで買いたくなかったもの。千円ならいいかな、ってね。

③バック・トゥ・ザ・フューチャーこれも、大体似たようなもの。でも1はいい。2、3もいいけど、こねくり回しすぎって感がある。

 ついでに、新作も借りてきた。

④眉山
⑤そのときは彼によろしく
⑥ハリー・ポッター ~不死鳥の騎士団~

④眉山は、今年本で読んだ中でベスト5にあたるなぁ、私の中では。5回以上は読んでいる。小説も良かったが、映画も良かった。阿波踊りを最初から見てみたくなってしまった。

⑤そのときは彼によろしく。は、本で、映画化されるのは小説とは異なる部分っていう(私にとっての)偽情報があって、すかっり当てにしていなかったのだが、まさに小説そのもので、大感激。とっても良かった。

⑥ハリーポッターは、相変わらず、訳がわからず、小説を読んでから、見直そうかと思った。

④⑤は近い将来「買い」かな。⑥は遠い将来「買い」かな。

あー、久しぶりの映画三昧だった。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-23 11:14 | 本&映画紹介
かんよう?
秘訣?

★寛容(かんよう)とは。。。

 心が広く、他人をきびしくとがめだてしないこと。よく人を受け入れる・こと(さま)。

★寛大(かんだい)とは。。。

 心がひろく思いやりがある・こと(さま)。


 辞書では、こうなっているんだが。。。

 家内の解釈では、「寛大」はもともと、そういうものを持っていて、ある意味それを「努力しなくても」できてしまっている。「寛容」とは、それを努力しないとできないらしい。

 で、「なかちゃん」の場合は、一生懸命努力して家内を許してあげているから「寛容」なんだって。

 んーん。なんかほめられているような、喜んでいいのかどうなのか。。。わからないけれど、でもうれしい。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-19 21:14 | 日記
秘訣?
電気婚式

 先日の投稿へのコメントで、

>仲良しの秘訣・・・教えてほしいな。

 っていう質問をいただいた。

 なんだろう、って考えていたんですが、そのうち家内から「寛容」といただきました。
「ようかん」なら知っているし、「いよかん」も好きだけど。。。でも、「寛大」ではないらしい。もっとも、正確には「寛容になってきた」ということでしょうけど。
もっと内側から蹴飛ばして、器を大きくせねば、と思いました。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-16 02:35 | 日記
小掃除
 そろそろ大掃除の季節到来です。

 我が家は各自が気になったところをやるので、場所によっては通年そのまま、となんとも汚い話でもありますが、先日、PCのスピーカーを買ってきたので、接続しようとPCを引っ張り出してきて、配線をやりなおして、なんて、いろいろやって電源を入れたら、何にも起きない。
ピーともプーとも言わないのだ。

 あーとうとう壊したかなぁ、暮れだし、これから別なPCにデータ移動するのもいやだなぁ、とかいろいろと頭の中を駆け巡った。ただ、電源系統がおかしいような気がしたので、とりあえずバラしてみることに。PCの電源をバラすのは初めてではありましたが、仕方がない、これでダメならあきらめよう、と思ってね。

 まず、パソコンを開けたら、領収書が出てきました。次には、はさみ。耳掻きも出てきました。ほこりもありましてよ。いっぱい。そんでもって、電源のファンを取り除く。そこにもあふれんばかりのほこりがありました。で中を見てみたら、隙間を埋め尽くす膨大なほこりが、詰まっていました。ショートしてたらアウトかな、とか思いながらね。掃除機でほこりを吸い取って、半分あきらめモードで、パソコンを組み立てました。

 電源投入。ちょっと時間がかかったけど、ピーって鳴ってHDDが動いて、問題なく立ち上がりました。やったー。動いたぁ。

 みなさんは、ここで、まだ解決していないものがありますでしょう? そうそう、はさみがなぜ入っていたか。ですよね。別に手術をしたあとで置き忘れたわけではないのです。実は、このPCはメーカー品ではないのですが、空気の流れが悪いつくりになっていて、ふたをすると高温になってしまってHDDがうなるんですよ。それで、随分前からふたをつけていないんですね。だから、PCの脇に積み重ねられているものが、滑ってはPCの中に落ちていくって訳です。
いずれにしても、PCの環境ではありません。はい、その通りです。

 で。翌日。。。。。

 出かける用事があって、でもまだ早いからってPCで遊んでいたんですね。トイレにたったときに居間のTVを見たらもう出かけなければいけない時間を過ぎていて、結局出かけられませんでした。PCの時間が30分も遅れていたんです。なぜでしょう。それは、PCの電源のほこりを取るのに30分以上かかったからなんですよね。参った、参った。

 皆さんも大掃除で電源を落とした後は、しっかり時刻を調整しなおしましょうね。って我が家だけか。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-09 11:45 | 日記
無線の醍醐味
 今日は、夕方になって秋葉原に無線機を買いに行ってきた。といっても、自分のは1台もないんだけれど。で、いつものように無線でおしゃべりしながら行ってきたわけだが、帰りに無線で交信した方かたから、まだ名乗っていないのに、私の名前を「◎◎さんですね」って呼ばれた。あーきっと私が記憶していないだけで、前に交信したことがある人なんだ、って思っていました。

 確かに、交信したことがある人だったんですよ。その方。
今回の交信で3回目になりますが、なんと1回めの交信は、遡ること30年前の6月。私がまだ高校生の頃のこと。しかも相手の方も、まだ東京にはきておらず、大阪にお住まいだった。2回目の交信は、その3年後の1980年の夏。大学生になっていますが、夏休みで帰省していたときに交信したんだと思います。そのときのお相手は、すでに東京墨田区にいらしておりました。

 で、今回が3回目。あまりに長い間ご無沙汰での交信でした。初めは遠く離れていたのに、30年後には、すぐ近くにいたりするものなんですね。知らないだけで。

 無線は楽しい。続けてきてよかったと思います。
[PR]

by jh7hhn | 2007-12-08 20:34 | 無線